わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ネットワークとスモールワールド

すまいるさんのIT'S A SMALL WORLDにTBします。(ちょうど同じようなこと考えてたとこでした)

たった今知り合ったばかりの人と自分との間に、共通の知人がいたときの驚き。世界の果てで、偶然にも同じ小学校出身者に出会ったとき。
「へえ~っ!世の中狭いねぇ~」って本当にびっくり。すまいるさんや私だけじゃなく、誰しも経験することではないでしょうか。

でも、実際に世界は狭いらしいですね。ネットワーク科学の「スモールワールド理論」(ダンカン・ワッツ&スティーヴン・ストロガッツ)によると、世界中の人間は皆、お互いに「知人6人分」しか隔たりがないのだそうですから。相手が有名女優であろうと、どっかの国の大統領であろうと、遊牧民の息子であろうと、まったく同じように六人の知人を辿るだけで到達できるんだとか。(もちろん、繋がりを正しく辿ればの話でしょうが)これはリアルな世界だけでなく、ブロガーも同じらしいです。

ブログ巡りをしていると、「あら、Aさんがこんなところにもいらしてるのね」ってことありますよね。「BさんとCさんって、繋がってたんだ~」とか。

ブロガーのネットワークって、どんな構造をしているのかな?なんだかチラッと見てみたい。どこで誰と誰がどんなふうに繋がっているのかを知ることができれば、世の中全体の構造も見えてはこないでしょうか。そこから、今後浮上してきそうな社会問題を読み取ったり、政策を立てるのやマーケティングに役立てるなんてこともできるんじゃないのかな。あ~、なんだかオモシロソウ。

社会学から生まれ、いまやあらゆる学問分野に取り入れられているネットワーク分析ですが、安田 雪 「ネットワーク分析 何が行為を決定するか」にはこんなふうに説明されています。

自分にとって興味のある現象に接した場合に、その場に存在していた個々の人々や、その人たちの資質や能力を問題とするよりも、むしろ、その状況とそれを取り囲む目に見えないネットワークの存在を考えてみようとするのです。



つまり、ある人が他者とどういう社会的つながりを持っているかが、その人の行為に大きな影響を及ぼすのだという考え。人類学者のボット(Bott, Elizabeth)も、いち早くこのネットワークの考えに注目し、
「夫婦が家事を分担してやるかどうかは、夫および妻の社会的ネットワークがどういうものであるかに係わっている」
と言ってましたっけ。

確かに、夫婦揃って同じ地域に生まれ育ち、そこで結婚して、おばあちゃんもおばちゃんも友達もみーんな近所という夫婦と、都会の核家族で友達・知り合いは日本中(あるいは世界中)に散らばってる夫婦とでは、周囲のサポートを期待できない後者のほうが必然的に互いに対して協力的になるでしょうなあ。

世界が本当に6人の隔たりだけで一つに繋がっているのだとしても、二次的三次的な間接の繋がりをも含めた自分のネットワークを把握している人は少ない。

テレビや雑誌の写真でふと目にする、遠い遠い国の未知の誰か。

私とその人はどんなふうに繋がっているのかしら。想像するとちょっと楽しい。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/30(木) 16:54:12|
  2. へえ~のお話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<地球規模の肥満 | ホーム | 貴重な時間>>

コメント

トラバどうも!

おもしろそうな本読んでますね。 そう、「世界が狭い」ことを目の当たりにしたときに、自分のネットワーク度?に「ふふーん」と妙に悦に入ったりして。。人と人ってどこかでつながってるって信じてますよ、はい。
  1. 2005/07/01(金) 00:59:19 |
  2. URL |
  3. すまいる #TwO4yE0Y
  4. [ 編集 ]

本当に

私もよく想像しています。
とてもワクワク楽しくなります。
世界各国もそうですが、
ワイアレスLANを利用していた場合、
2.4GHzや5GHz帯域を感ずることの出来る人間以外の
生物がブログを読めたりとか、地球外の何者かとか。
そんなことまで空想してしまいます。
  1. 2005/07/01(金) 10:35:42 |
  2. URL |
  3. ted toyama #j549y3BY
  4. [ 編集 ]

ううむ・・・

ろんりてき!
さてはブン系などとのたまっておられたのはフェイントであったのか?
有名人(そうでもないか)の小飼弾氏のBlog
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/26472522.html
紹介している本はともかくとして、Mathematicsについての考察にビアンカさんの仰るものに通ずるものを感じました。
いかがでしょ(o^^o)
  1. 2005/07/01(金) 11:14:34 |
  2. URL |
  3. panics #blPj0RWY
  4. [ 編集 ]

ted toyamaさん

>>ワイアレスLANを利用していた場合、
2.4GHzや5GHz帯域を感ずることの出来る人間以外の
生物がブログを読めたりとか、地球外の何者かとか。

わあ~。私はそこまで想像が及びませんでした。おもしろいですね。
  1. 2005/07/01(金) 13:41:54 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

panicsさん

私は屁理屈好きの文系で~す。

リンク先を見てきました。興味深いです。あの本、読んでみる価値あるでしょうかねえ?ちょっと気になっちゃいます。
  1. 2005/07/01(金) 13:43:58 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

すまいるさん

人間だけでなく、この世に存在するすべてはどっかで繋がっているように思います。

そのネットワーク図を見ることができる人は・・・いないんだろうな~。あの世からだったら見れるかな。
  1. 2005/07/01(金) 13:46:41 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

私も経験があります。

外国の空港でたまたま隣に座った人と話してみたら父と知り合いとか。
それじゃなくとも京都の狭い場所で9年くらいにいると知り合いつながりで結びつくとか。そんなのよくありますよね。
その度に世界は狭いな~~~といつも思ってます。
だからこそ、常に優しい気持ちで人と接しようと心持してますが、なかなかね~~~^^;
  1. 2005/07/06(水) 13:35:17 |
  2. URL |
  3. anna #SW6wkXTQ
  4. [ 編集 ]

annaさん

ほんと、どこでどう人と繋がっているかと思うと、悪いことできないですね~。
  1. 2005/07/06(水) 19:40:15 |
  2. URL |
  3. ビアンカ #JeDKLqWY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/117-f6af3f3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。