わいるどわ~るど 

異文化好き好奇心人間の世界考察ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何よりも大切なのはパートナーとの関係

去年の夏、ドイツに一時帰国したときに久しぶりにドイツのテレビを見て、気づいたことがあります。それは、ドイツのテレビには「官能的なコマーシャルが多い」こと。

香水や化粧品、シャワーソープなどの宣伝がセクシーなのは理解できますが、ドイツのテレビではチョコレート、ヨーグルト、冷凍のパン生地のような食品のCMでも色っぽいのが多いんです。若くて魅力的な男女が仲睦まじく商品を食べさせあっていたり、朝日の差し込む部屋のベッドで眠る美女が恋人が運んでくるコーヒーとクロワッサンの香りで目を覚ます・・・というようなかんじです。

ドイツにはトイレ専用のウェットティッシュがあって、日本にもある赤ちゃんのお尻拭きのようなものなのですが、カモミールエキスが染込ませてあったり、香りがついていたり、いろいろな種類があります。この「お尻拭き」のCMにはちょっとびっくりさせられました。なんと!格好いい男性のズボンを女性が後ろから「ずるっ」と下げ、むき出しになった裸のお尻に女性がキスをする・・・げげげっ。

夫の実家で一日中テレビを見ていると、次から次へとセクシーなシーンが登場するので、そういうのに慣れていないうちの子供たちは目を丸くしていました。ドイツでも子供が年々早熟化しているようです。年がら年中こういうのを目にしていれば当然という気がしないでもありませんが。

本屋へ行ったら、「パートナーシップ」というコーナーがありました。そこの棚には、「良いパートナーを見つける方法」「パートナーと上手くやっていく方法」「パートナーとの問題を克服する方法」のような本がずら~り。日本には一つのコーナーを設けるほど多くの「パートナー本」があったかしら、と考えてしまいました。ドイツは日本よりも離婚率が高いですし、カップル単位で行動することが多いので、ドイツ人にとってパートナーとの関係はかなり重要な関心事なのかもしれません。毎年クリスマス前になると、祝日を一緒に過ごすパートナーがいないのを苦にして自殺する人が結構いるそうですし。

そんなことを考えていたら、先日、ドイツの本のカタログに、あるものを見つけて笑ってしまいました。外国語学習教材や辞書を専門にしているランゲンシャイトという出版社があるのですが、最近、この出版社の辞書シリーズに「独女・女独辞典」というのが加わったようです。これはね、「女の言ってることってよくわから~ん」と悩む男性のための、ドイツ語ー女性語 女性語ードイツ語の辞書らしいんです。対抗して別の出版社が「独男・男独辞典」を出しているみたい。なんだかおもしろそ~。来週、夫がドイツ出張なので、お土産に買ってきてもらうつもりです。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/08(水) 10:52:43|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木を見る西洋人 森を見る東洋人 | ホーム | 子供部屋で育まれるメンタリティ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ethno.blog13.fc2.com/tb.php/11-102c4754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。